キャラクター
波乱相場の到来か 2022年9月度成績レポート

波乱相場の到来か 2022年9月度成績レポート

2022年10月12日

8月は「エージェント」の成績が落ち着きましたが、9月は相場に活気が戻ったことで「エージェント」たちの取引も活発になりました。今後も前触れなく相場が急変するケースも考えられるでしょう。

では9月の状況はどうだったのか。項目別に動向を紹介しますので、本レポートを採用する通貨ペア選びの参考にしてください。

9月の通貨ペア別平均総合損益

通貨ペアごとに「エージェント」の平均の総合損益(実現損益+評価損益) などを算出したので、それぞれ見ていきましょう。

9月の平均総合損益 TOP5

「エージェント」総数 平均総合損益 勝率
英ポンド/米ドル(GBP/USD) 2451 324.85pips 79%
スイスフラン/円(CHF/JPY) 377 292.18pips 85%
ユーロ/円(EUR/JPY) 1377 215.13pips 74%
ユーロ/米ドル(EUR/USD) 2758 210.41pips 80%
米ドル/スイスフラン(USD/CHF) 519 59.37pips 60%

※数値は2022年9月30日時点、勝率は各通貨ペアの「エージェント」総数に対するプラスの成績だったものの割合

「エージェント」総数 平均総合損益 勝率
英ポンド/米ドル(GBP/USD) 2451 324.85pips 79%
スイスフラン/円(CHF/JPY) 377 292.18pips 85%
ユーロ/円(EUR/JPY) 1377 215.13pips 74%
ユーロ/米ドル(EUR/USD) 2758 210.41pips 80%
米ドル/スイスフラン(USD/CHF) 519 59.37pips 60%

※数値は2022年9月30日時点、勝率は各通貨ペアの「エージェント」総数に対するプラスの成績だったものの割合

通貨ペアごとの「エージェント」全体の平均総合損益を比較すると、9月のTOPは英ポンド/米ドルでした。

英ポンド/米ドルは9月中旬から大幅下落を見せ、「エージェント」の取引も活発に。勝率は先月の43%から79%にまで上昇しました。

2位はスイスフラン/円です。8月の平均総合損益ランキングでは最下位だったのに、大きく順位を伸ばしました。

3位はユーロ/円です。8月と7月も3位にランクインしており、6月はトップでした。ここ最近では調子の良い通貨ペアといえるでしょう。

今年の春以降は為替相場の主役は米ドル/円と思われてきましたが、9月に入ると英ポンド/米ドルやユーロ/米ドルといった通貨ペアでも値動きが激しくなってきました。

マイメイトが得意とする通貨ペアは、「上昇もしくは下落のトレンドがある」や「激しい値動きをしている」状態のものです。通貨ペア選びの際には、このポイントを忘れないようにしましょう。

9月の平均総合損益 全ランキング

「エージェント」総数 平均総合損益 勝率
英ポンド/米ドル(GBP/USD) 2451 324.85pips 79%
スイスフラン/円(CHF/JPY) 377 292.18pips 85%
ユーロ/円(EUR/JPY) 1377 215.13pips 74%
ユーロ/米ドル(EUR/USD) 2758 210.41pips 80%
米ドル/スイスフラン(USD/CHF) 519 59.37pips 60%
豪ドル/米ドル(AUD/USD) 365 13.24pips 46%
NZドル/円(NZD/JPY) 604 6.58pips 53%
カナダドル/円(CAD/JPY) 602 -3.48pips 47%
ユーロ/豪ドル(EUR/AUD) 1108 -44.61pips 44%
豪ドル/NZドル(AUD/NZD) 540 -48.46pips 33%
豪ドル/円(AUD/JPY) 1257 -50.48pips 40%
NZドル/米ドル(NZD/USD) 262 -51.73pips 34%
南アランド/円(ZAR/JPY) 737 -58.42pips 2%
英ポンド/円(GBP/JPY) 2750 -66.27pips 40%
ユーロ/英ポンド(EUR/GBP) 419 -129.39pips 22%
米ドル/円(USD/JPY) 12407 -242.54pips 29%

※数値は2022年9月30日時点、勝率は各通貨ペアの「エージェント」総数に対するプラスの成績だったものの割合

「エージェント」総数 平均総合損益 勝率
英ポンド/米ドル(GBP/USD) 2451 324.85pips 79%
スイスフラン/円(CHF/JPY) 377 292.18pips 85%
ユーロ/円(EUR/JPY) 1377 215.13pips 74%
ユーロ/米ドル(EUR/USD) 2758 210.41pips 80%
米ドル/スイスフラン(USD/CHF) 519 59.37pips 60%
豪ドル/米ドル(AUD/USD) 365 13.24pips 46%
NZドル/円(NZD/JPY) 604 6.58pips 53%
カナダドル/円(CAD/JPY) 602 -3.48pips 47%
ユーロ/豪ドル(EUR/AUD) 1108 -44.61pips 44%
豪ドル/NZドル(AUD/NZD) 540 -48.46pips 33%
豪ドル/円(AUD/JPY) 1257 -50.48pips 40%
NZドル/米ドル(NZD/USD) 262 -51.73pips 34%
南アランド/円(ZAR/JPY) 737 -58.42pips 2%
英ポンド/円(GBP/JPY) 2750 -66.27pips 40%
ユーロ/英ポンド(EUR/GBP) 419 -129.39pips 22%
米ドル/円(USD/JPY) 12407 -242.54pips 29%

※数値は2022年9月30日時点、勝率は各通貨ペアの「エージェント」総数に対するプラスの成績だったものの割合

TOP5も含めた9月の平均総合損益の全ランキングです。

8月は平均総合損益がプラスだった通貨ペアが6種類だったのに対し、9月は7種類でした(ちなみに7月は10種類、6月は11種類)。平均総合損益のプラス幅は、8月のトップが米ドル/円の73.91pipsでしたが、9月のトップ英ポンド/米ドルは324.85pipsと大きく伸びています。

8月よりは相場状況が好転しているといえるでしょう。

これからどの通貨ペアが主役になるか、その予想はとても難しいです。しかし、今稼働している「エージェント」の通貨ペアの状況は振り返ることができます。例えば2~3か月ほどの価格推移を見て、「トレンドはあるか?」「値動きがこれまでより乏しくなっていないか?」など、今稼働している通貨ペアが、「エージェント」の不得意な相場状況になっていないかを確認してみるのも良いでしょう。

7~9月の通貨ペア別TOP100「エージェント」総合損益

続いては7~9月の通貨ペア別TOP100「エージェント」の総合損益を見ていきましょう。

TOP100「エージェント」とは毎月末に算出する年間総合損益上位100位以内の「エージェント」のことで、それぞれの通貨ペアで選出しています(月末の年間損益に応じて、「エージェント」は毎月入れ替えられます)。

普段見ている「エージェント」の成績ランキングには、TOP100「エージェント」も含まれているので、マイメイトユーザーの中でも、このTOP100「エージェント」から稼働させる「エージェント」を選んでいる人は多いでしょう。

7~9月の順位変動で通貨ペアを分析

7~9月の3か月でTOP100「エージェント」の総合損益の推移を見ることも、「どの通貨ペアを選ぶか」、「今運用している通貨ペアを入れ替えるべきか」の判断材料にできます。今後の運用の参考にしてみてください。

ここでは7~9月のTOP100「エージェント」の総合損益推移から、注目の通貨ペアをピックアップします(7~9月の総合損益データに関しては後述)。

トレンドが続く英ポンド/米ドルとユーロ/米ドル

9月 8月 7月
英ポンド/米ドル
(GBP/USD)
322.72pips -79.32pips 237.58pips
ユーロ/米ドル
(EUR/USD)
209.79pips -8.88pips 351.43pips

※数値は各月末時点の総合損益

8月のレポートでも「もどかしいユーロ/米ドルと英ポンド/米ドル」と取り上げた2通貨ですが、9月はよく動きTOP100の「エージェント」総合損益は好転しました。

2つの通貨ペアは緩やかな下落トレンドでしたが、TOP100「エージェント」の総合損益ランキングでは常に上位だったわけではありません。

3月以降を振り返ると、英ポンド/米ドルは-91.35pips、27.15pips、-31.85pips、 18.44pips、237.58pips、-79.32pips、322.72pipsで、平均は71.91とプラス。

ユーロ/米ドルは4.19pips、-12.27pips、130.76pips、52.05pips、351.43pips、-8.88pips、209.79pipsで、こちらも平均は103.87pipsとプラスでした。

TOP100「エージェント」の総合損益の推移なので、この通りに運用できたとは限らないですが、やはりトレンドが出ている通貨ペアは注目に値するといえます。

ただしこれからも同様にトレンドが続くとは限りませんので、取引数量を過度に上げるなどの無茶な運用は絶対に避けましょう。

よく動いたのに…  米ドル/円や英ポンド/円、ユーロ/英ポンド

9月 8月 7月
米ドル/円
(USD/JPY)
-246.08pips 81.76pips 194.33pips
英ポンド/円
(GBP/JPY)
-80.27pips 43.83pips 84.42pips
ユーロ/英ポンド
(EUR/GBP)
-135.15pips 23.86pips 106.34pips

※数値は各月末時点の総合損益

米ドル/円は8月半ばから9月にかけてよく動いた通貨ペアです。英ポンド/円も米ドル/円や英ポンド/米ドルに影響され、よく動きました。ユーロ/英ポンドも含め、これら3つの通貨ペアはマイメイトの得意な相場環境にあったと考えられるでしょう。

しかし、通貨ペア別TOP100「エージェント」総合損益で見ると、物足りない結果だったかもしれません。こうしたケースは過去にもあり、グングン成績を伸ばす好調な「エージェント」がいる一方、相場と噛み合わないトレードをする「エージェント」も中にはいたのでしょう。

そのとき、「エージェント」を変えるという選択肢も考えられますが、一時的な損益の下振れの可能性も考えられます(過去の月間レポートでも同様のことに触れています)。

7~9月の通貨ペア別TOP100「エージェント」総合損益ランキング

9月 8月 7月
1位 英ポンド/米ドル
(GBP/USD)
322.72pips 米ドル/円
(USD/JPY)
81.76pips ユーロ/米ドル
(EUR/USD)
351.43pips
2位 スイスフラン/円
(CHF/JPY)
311.03pips ユーロ/円
(EUR/JPY)
65.87pips ユーロ/円
(EUR/JPY)
245.65pips
3位 ユーロ/米ドル
(EUR/USD)
209.79pips 英ポンド/円
(GBP/JPY)
43.83pips 英ポンド/米ドル
(GBP/USD)
237.58pips
4位 ユーロ/円
(EUR/JPY)
205.57pips ユーロ/英ポンド
(EUR/GBP)
23.86pips 米ドル/円
(USD/JPY)
194.33pips
5位 米ドル/スイスフラン
(USD/CHF)
57.44pips NZドル/円
(NZD/JPY)
15.26pips NZドル/円
(NZD/JPY)
122.04pips
6位 豪ドル/米ドル
(AUD/USD)
5.94pips ユーロ/豪ドル
(EUR/AUD)
-4.66pips ユーロ/英ポンド
(EUR/GBP)
106.34pips
7位 NZドル/円
(NZD/JPY)
3.02pips NZドル/米ドル
(NZD/USD)
-8.21pips 英ポンド/円
(GBP/JPY)
84.42pips
8位 カナダドル/円
(CAD/JPY)
-3.92pips ユーロ/米ドル
(EUR/USD)
-8.88pips 豪ドル/米ドル
(AUD/USD)
75.80pips
9位 豪ドル/NZドル
(AUD/NZD)
-49.13pips 豪ドル/円
(AUD/JPY)
-11.57pips 米ドル/スイスフラン
(USD/CHF)
39.75pips
10位 豪ドル/円
(AUD/JPY)
-52.45pips 豪ドル/NZドル
(AUD/NZD)
-21.35pips 豪ドル/円
(AUD/JPY)
16.58pips
11位 南アランド/円
(ZAR/JPY)
-59.07pips 米ドル/スイスフラン
(USD/CHF)
-24.06pips ユーロ/豪ドル
(EUR/AUD)
-20.25pips
12位 NZドル/米ドル
(NZD/USD)
-59.36pips 南アランド/円
(ZAR/JPY)
-25.91pips 南アランド/円
(ZAR/JPY)
-26.56pips
13位 英ポンド/円
(GBP/JPY)
-80.27pips カナダドル/円
(CAD/JPY)
-57.39pips NZドル/米ドル
(NZD/USD)
-30.36pips
14位 ユーロ/豪ドル
(EUR/AUD)
-92.21pips 豪ドル/米ドル
(AUD/USD)
-61.85pips 豪ドル/NZドル
(AUD/NZD)
-75.73pips
15位 ユーロ/英ポンド
(EUR/GBP)
-135.15pips 英ポンド/米ドル
(GBP/USD)
-79.32pips スイスフラン/円
(CHF/JPY)
-85.84pips
16位 米ドル/円
(USD/JPY)
-246.08pips スイスフラン/円
(CHF/JPY)
-159.55pips カナダドル/円
(CAD/JPY)
-219.56pips

※数値は各月末時点の総合損益

9月 8月 7月
1位 英ポンド/米ドル
(GBP/USD)
322.72pips 米ドル/円
(USD/JPY)
81.76pips ユーロ/米ドル
(EUR/USD)
351.43pips
2位 スイスフラン/円
(CHF/JPY)
311.03pips ユーロ/円
(EUR/JPY)
65.87pips ユーロ/円
(EUR/JPY)
245.65pips
3位 ユーロ/米ドル
(EUR/USD)
209.79pips 英ポンド/円
(GBP/JPY)
43.83pips 英ポンド/米ドル
(GBP/USD)
237.58pips
4位 ユーロ/円
(EUR/JPY)
205.57pips ユーロ/英ポンド
(EUR/GBP)
23.86pips 米ドル/円
(USD/JPY)
194.33pips
5位 米ドル/スイスフラン
(USD/CHF)
57.44pips NZドル/円
(NZD/JPY)
15.26pips NZドル/円
(NZD/JPY)
122.04pips
6位 豪ドル/米ドル
(AUD/USD)
5.94pips ユーロ/豪ドル
(EUR/AUD)
-4.66pips ユーロ/英ポンド
(EUR/GBP)
106.34pips
7位 NZドル/円
(NZD/JPY)
3.02pips NZドル/米ドル
(NZD/USD)
-8.21pips 英ポンド/円
(GBP/JPY)
84.42pips
8位 カナダドル/円
(CAD/JPY)
-3.92pips ユーロ/米ドル
(EUR/USD)
-8.88pips 豪ドル/米ドル
(AUD/USD)
75.80pips
9位 豪ドル/NZドル
(AUD/NZD)
-49.13pips 豪ドル/円
(AUD/JPY)
-11.57pips 米ドル/スイスフラン
(USD/CHF)
39.75pips
10位 豪ドル/円
(AUD/JPY)
-52.45pips 豪ドル/NZドル
(AUD/NZD)
-21.35pips 豪ドル/円
(AUD/JPY)
16.58pips
11位 南アランド/円
(ZAR/JPY)
-59.07pips 米ドル/スイスフラン
(USD/CHF)
-24.06pips ユーロ/豪ドル
(EUR/AUD)
-20.25pips
12位 NZドル/米ドル
(NZD/USD)
-59.36pips 南アランド/円
(ZAR/JPY)
-25.91pips 南アランド/円
(ZAR/JPY)
-26.56pips
13位 英ポンド/円
(GBP/JPY)
-80.27pips カナダドル/円
(CAD/JPY)
-57.39pips NZドル/米ドル
(NZD/USD)
-30.36pips
14位 ユーロ/豪ドル
(EUR/AUD)
-92.21pips 豪ドル/米ドル
(AUD/USD)
-61.85pips 豪ドル/NZドル
(AUD/NZD)
-75.73pips
15位 ユーロ/英ポンド
(EUR/GBP)
-135.15pips 英ポンド/米ドル
(GBP/USD)
-79.32pips スイスフラン/円
(CHF/JPY)
-85.84pips
16位 米ドル/円
(USD/JPY)
-246.08pips スイスフラン/円
(CHF/JPY)
-159.55pips カナダドル/円
(CAD/JPY)
-219.56pips

※数値は各月末時点の総合損益

最後に

9月は英ポンド/米ドルが大荒れし、その他通貨ペアにも影響を及ぼしました。今後も予想外の通貨ペアが動き出す可能性は考えられます。

それに伴い、運用収益の上振れ・下振れが現れることもあるので、その点はあらかじめ想定しておくのもいいでしょう。一時的な収益の下振れでパニックになり、感情に任せて運用方針を変えてしまっては、納得のいかない運用に終わってしまうかもしれません。

マイメイト 基本の運用方針」に書いてある通り、通貨ペアを分散し、資金はバランスメーターを参考に、余裕のある状態で運用するよう心掛けましょう。

こんな記事も読まれています

マイメイト運営

MAiMATEの公式ブログを運営しています。マイメイトに関するニュースやお知らせなど全般について情報発信をします。

Mai mate

トレーディングは楽しい!でも時に孤独。
今損切りすべきか、はたまた待つべきか。
不安を解消してくれる信頼できるパートナーがいれば…
そんなあなたと一緒に戦うあなただけのAIパートナー。それがMAiMateです。

PAGE TOP マイメイトをひらく