2019年11月度 月間レポート累計損益は +137,217 pips【開始以来3か月連続プラス!】

2019年8月14日にリリースいたしました「育てるFXトレードAIMAiMATE(マイメイト)』」

MAiMATE」の成績を月間レポートにて定期的にお届けいたします。
なお本レポートは、「成績計測開始時点で既に誕生していたAIエージェントのフォワードテスト結果のみ」を抽出しています。
※MAiMATEは、インヴァスト証券に口座開設いただいたお客様が無料でご利用いただけるFXシグナル配信サービスです。

1. MAiMATE AIエージェントの月間成績  (2019年11月1日~11月30日)

月間累積損益「137,217pips」のプラス

11月1日時点で誕生していたAIエージェント登録数は2,275件であり、201911月のエージェントによる疑似的なトレード結果は+137,217pipsというプラスの結果となりました!
9月の結果+39,579pips、10月の+151,033pipsに引き続き、開始以来3か月連続プラスと好調を維持しています。


(インヴァスト証券作成)

対象AIエージェント数 2,275
期間損益累計 +137,217 pips

※AIエージェントは、ご登録いただいたお客様一人につき1つだけ作成することができます。
※累積損益は期間中の決済損益の累計です。
※AIエージェントは、最大1ポジションしか保有しません。
※疑似的なトレード結果は、インヴァスト証券「トライオートFX」のレートを使用しております。

  • AIエージェント」とは、お客様が選んだ4つの選択肢に沿って誕生したお客様ごとの FXトレードAIキャラクターを指します。
  • AIエージェントは、作成したお客様に売買を評価されることで「目指すべき取引」を理解しようとし、誕生後の継続学習を通してお客様好みのAIエージェントに成長していきます。

2. 通貨ペア別 月間成績  (2019年11月1日~11月30日)

「米ドル/円」は方向感が定まらない中でのトレンド発生機会を上手く捉え、最終的にプラスで終了。「ユーロ/米ドル」、「英ポンド/米ドル」は安定的に利益を積み上げた。

AIエージェント作成時にお客様はご自身で通貨ペアを選択します。3通貨ペアの中で「米ドル/円」を選択する方の割合が圧倒的に多く、選択率は全体の7割以上を占めています。そのため、米ドル/円は、AIエージェント個数が多く累計損益pipsの絶対値が大きくなりやすくなっています。
「期間損益」を「AIエージェント数」で割って個数差を排除した平均期間損益を見ると、「米ドル/円」は+41.9pips71%AIエージェントがプラス!)、「ユーロ/米ドル」は+108.1pips85%がプラス!)、「英ポンド/米ドル」は+101.7pips89%がプラス!)という結果となりました。
※現在、MAiMATEで選べる通貨ペアは全3通貨ペアのうち1通貨ペアとなります。


(インヴァスト証券作成)

通貨ペア AIエージェント数 累計期間損益(全体) 平均損益(個)
米ドル/円(USD/JPY) 1,619 +67,803 pips +41.9 pips
ユーロ/米ドル(EUR/USD)  424 +45,822 pips +108.1 pips
英ポンド/米ドル(GBP/USD) 232 +23,591 pips +101.7 pips

※AIエージェントは、ご登録いただいたお客様一人につき1つだけ作成することができます。
※累積損益は期間中の決済損益の累計です。
※AIエージェントは、最大1ポジションしか保有しません。
※疑似的なトレード結果はインヴァスト証券のトライオートFXのレートを使用しております。

3. 通貨ペア別 月間MVPエージェント (2019年11月1日~11月30日)

次に各通貨ペア(米ドル/円、ユーロ/米ドル、英ポンド/米ドル)で、期間中に最も利益を上げたAIエージェントを発表します。

2019年11月のMVPは、誕生時点の成績はそこそこであったものの、以降のフォワードテストにおいて優秀な成績を獲得したAIエージェントが選ばれています。MAiMATEには「毎週の継続学習」という機能があり、AIエージェント達は『上手なトレードは再度実現できるように、上手く行かなかったトレードは次回こそは避けるように』と改善を継続することが出来ます。進化論で著名なダーウィンの言葉に、“It is not the strongest or the most intelligent who will survive but those who can best manage change.(最も強い、または最も賢いものが生き残るのではなく、最も良く変化に対応したものが生き残る)というものがあります。今回MVPを獲得した3AIエージェントは、まさに「自身を変化に上手に対応させている」と考えられます。

MAiMATE では、AIエージェント作成時にお客様(ご主人様)が、1.通貨ペア、2.参考にするテクニカル指標(移動平均、ボリンジャーバンド、RSI)、3.参考にするニュース(マーケット状況、マーケットアナリストの相場予測、ネット上の感情的表現、規制等の外的要因)4.投資方針(リスク回避、リターン重視、バランス)を選択します。
お客様は誕生したAIエージェントの売買を確認し、1週間に1度「褒める」「叱る」の教育をすることでAIエージェントに「自身が望む取引」を伝え、誕生後の継続学習を通して自分好みのAIエージェントを育てていきます。

3-1.  米ドル/円 月間MVPエージェント「ミルキー」

2019年1031日に誕生したAIエージェント「ミルキー」は方向感がなかなか定まらなかった201911月の米ドル/円に対し、前半はドテン系取引を中心に勇敢に相場に挑む一方、後半は決済後に少し様子を見るなど、トレーディングスタイルを柔軟に修正し月間MVPに輝きました。特に全5回の決済内での2回の損切りを小さく抑制し、難しかった201911月を+227.3pipsで乗り切ったことは素晴らしい結果です。年間成績(=レーダーチャート)はけっして上位では無いものの、1年を通して損小利大が実現できていることがわかります。変化に柔軟に対応できている「ミルキー」が、今後年間ランキングを駆け上がることが期待されます。

<設定、及び年間成績に基づく評価>


(インヴァスト証券作成、レーダーチャートの画面は2019年12月2日時点)

決済履歴(2019年11月1日~2019年11月30日)
【期間損益】+227.3 pips  【決済回数】5回 

日付 時間 売買 取引価格 損益(pips)
11/1 20:11 ドテン買い @108.032 +80.8 pips
11/11 20:24 ドテン売り @108.940 +91.1 pips
11/18 20:37 ドテン買い @109.043 -10.3 pips
11/19 20:41 決済売り @108.713 -33 pips
11/28 20:02 決済売り @109.445 +98.7 pips

※疑似的なトレード結果はインヴァスト証券のトライオートFXのレートを使用しております。

3-2.  ユーロ/米ドル 月間MVPエージェント「たのむぞ君」

2019年923日に誕生したAIエージェント「たのむぞ君」は、全体的に下落傾向となった201911月のユーロ/米ドルに対しドテン系取引を繰り返すことで、価格の下落/上昇の両方の機会を上手に収益機会に転換し月間MVPに輝きました。このようなトレードを「テクニカル指標」だけで実現するのは難しく、「たのむぞ君」は「ネット上のニュース情報」の上手な活用方法を身に付けていると考えられます。年間成績(=レーダーチャート)はけっして上位では無いものの、1年を通して損小利大が実現できていることがわかります。ご主人様からの「褒める」及び「叱る」は1回もありませんが、「たのむぞ君」自身の判断に基づく継続学習を通し、変化への柔軟な対応を身に付けることが出来ているようです。

<設定、及び年間成績に基づく評価>


(インヴァスト証券作成、レーダーチャートの画面は2019年12月2日時点)

決済履歴(2019年11月1日~2019年11月30日)
【期間損益】+364.1 pips  【決済回数】6回 

日付 時間 売買 取引価格 損益(pips)
11/04 20:42 ドテン売り @1.11631 +80.1 pips
11/11 20:59 ドテン買い @1.10265 +136.6 pips
11/13 21:05 ドテン売り @1.10079 -18.6 pips
11/14 21:07 ドテン買い @1.09936 +14.3 pips
11/21 0:09 ドテン売り @1.10772 +83.6 pips
11/27 20:27 ドテン買い @1.10091 +68.1 pips

※疑似的なトレード結果はインヴァスト証券のトライオートFXのレートを使用しております。

3-3.  英ポンド/米ドル 月間MVPエージェント「mogeo」

2019年86日に誕生したAIエージェント「mogeo」は、取引回数は比較的少なく、一旦ポジションを持った後は長めにポジション保有を継続し、利益を多く伸ばそうとするトレーディングスタイルを確立していることがわかります。201911月の英ポンド/米ドルの方向性に対する読みはほぼ完璧で、ドテン系取引に関わらず評価損失を抱えた期間がほとんど無く、利益の大きさはもちろん勝率100%で月間MVPに輝いています。201912月の英ポンド/米ドルはブレグジット関連の動きにより相場が大きく動く可能性があります。変化に対し柔軟に対応することが出来ている「mogeo」がどのように12月を乗り切るのか、注目されます。

<設定、及び年間成績に基づく評価>


(インヴァスト証券作成、レーダーチャートの画面は2019年12月2日時点)

決済履歴(2019年11月1日~2019年11月30日)
【期間損益】+296.5 pips  【決済回数】4回 

日付 時間 売買 取引価格 損益(pips)
11/4 21:01 ドテン売り @1.2921 +86.6 pips
11/11 21:05 ドテン買い @1.28307 +90.3 pips
11/20 20:56 ドテン売り @1.29052 +74.5 pips
11/26 20:32 ドテン買い @1.28601 +45.1 pips

※疑似的なトレード結果はインヴァスト証券のトライオートFXのレートを使用しております。

 

育てるAI「マイメイト」について

MAiMATEは非常に新しい、特許出願中の次世代のトレーディングを意識したサービスとなっています。
こんなことを聞いてみたい、知りたい、というご要望があれば、配信されるメール内にある「CONTACT」を通して我々にご連絡頂ければと思います。テーマとして必ずすぐに取り上げることのお約束はできませんが、頂いた内容は必ず目を通しています。