キャラクター

マイメイト 「エージェント」作成方法と育てる機能の解説

2022年2月1日

マイメイトの「エージェント」は自分で作成することが可能です。また褒める・叱ることで、「育てる(Educate)」こともできます。

本記事ではオリジナル「エージェント」の作成方法と「育てる」を行った場合、「エージェント」にどう影響を与えるのか、紹介します。

※ 2023年1月「エージェント」特徴量の追加などのリニューアルに伴い内容を再編集

自分で「エージェント」を作る方法

自分で「エージェント」を作る手順を紹介します。

「新規作成」or「クローン作成」を選択

「新規作成」or「クローン作成」を選択
(出所:マイメイト取引画面)

マイメイトの管理画面TOPにて、左上にある卵の部分をクリックします。「新規作成する」と「クローン作成する」を選べます。ここでは「新規作成する」を選択。

※クローン作成に関しては、他ユーザーの「エージェント」を複製できる『クローン機能』を参照。

通貨ペアを選ぶ

通貨ペアを選ぶ
(出所:マイメイト取引画面)

まず「エージェント」が取引する通貨ペアを選択します。

学習期間を選ぶ

(出所:マイメイト取引画面)

「エージェント」は誕生するまでに一定期間の学習を行います。ここではその期間を選びます。

2023年1月28日のリニューアルまでは「36か月(3年)」でしたが、今後は「6か月」「12か月」「18か月(1年半)」「24か月(2年)」「36か月」から選べます。

また、その学習期間をいつにするかも指定できます。

※「エージェント」が誕生するまでどういった学習を行うかについてはこちらの記事も参照

テクニカル指標を選ぶ

テクニカル指標を選ぶ
(出所:マイメイト取引画面)

テクニカル指標は「エージェント」に対して学習させる情報です。複数あるパラメーターの中から状況に応じて選択し、学習材料としてインプットします(最大4つまで選択可能)。

  1. ボリンジャーバンド: 移動平均線を中心に一定期間の価格の標準偏差を利用したバンドラインを描画したもの。トレンドとボラティリティ(価格変動の大きさ)を把握すると共に、売られすぎや買われすぎの判断も可能な指標。
  2. RSI:相場の過熱感(「買われすぎ」や「売られすぎ」の状況)を教えてくれる指標。
  3. エンベロープ: 移動平均線の上下に一定幅で乖離させた移動平均線が引かれたもの。移動平均線からの乖離率やトレンド発生場面で利用されます。
  4. MACD: 2つの移動平均線を使用して売り買いのタイミングを判断するオシレーター系の指標。
  5. 移動平均:ある一定期間の価格を平均化したもので、主に価格の方向性(トレンド)を見る指標。
  6. ストキャスティクス:レンジ相場での相場の過熱感(買われすぎ・売られすぎ)を判断するオシレーター系の指標。
  7. 一目均衡:日本発の指標です。ローソク足と5本の線を駆使して、投資判断を行います。
  8. パラボリック:相場の方向や勢い、トレンドが切り替わるタイミングなどを探る指標です。
  9. サイコロジカルライン:ある期間のうち、価格が上昇した日数の割合を求めて、売買タイミングを判断する逆張り指標です。
  10. ATR:特定の期間における価格の変動幅、いわゆるボラティリティを確認するための指標です。
  11. ADX:価格の変動幅(上昇・下落)を指数化することで、トレンドの方向性、強弱を分析する指標です。
  12. モメンタム: 価格の動きの強さ(価格変化の速度)を評価する指標です。

ニュースを選ぶ

(出所:マイメイト取引画面)

ニュースはテクニカル指標同様にエージェントに与える情報です。ここでの情報はRefinitive社(旧トムソンロイター社)のニュース集約情報を独自に改良し、「エージェント」の学習情報として使用しています。

  1. ネット上の感情的表現:ネット上の阿鼻叫喚含む感情的表現を収集。
  2. 規制等の外的要因:ニュース頻度は少ないものの、金利や規制等の為替に影響を与える外的要因情報を集約。
  3. マーケット状況:売られすぎ買われすぎなど現在の市況に関係した情報。
  4. マーケットアナリストの相場予測:アナリストによる相場見込みは買い売りどちらが優勢なのか等で構成。

シグナル配信時間を選ぶ

シグナル配信時間を選ぶ
(出所:マイメイト取引画面)

「エージェント」が何時に注文を出すかを決めます。

  • 4時
  • 8時
  • 12時
  • 16時
  • 20時
  • 24時

「エージェント」が注文を出す時間によって、その時の相場状況も異なるため、買いや売りといった売買判断にも差が現れます。

キャラを選び、名前を付ける

(出所:マイメイト取引画面)

「エージェント」のキャラクターなどを選び、名前を付けて作成終了です。

誕生メールを待ちましょう

(出所:マイメイトの「エージェント」誕生メール)

「エージェント」作成後は学習が終わるまで待ちましょう。終わったタイミングで登録したメールアドレスに誕生メールが届きます(誕生まで大体7時間程度です)。

生まれる時には疑似的なフォワードトレードを何度も繰り返して学習するので時間がかかります。

誕生後は1日1回、売買サインの報告メールが届きます。

「エージェント」の作り直し方

作成した「エージェント」は「マイメイトポイント」200ポイント使えば、新しく作り直すことができます。

「マイメイトポイント」は、デイリーログインや「エージェント」の教育などで貯まっていきます(マイメイトポイントについては「取引コストを0にすることも!MMポイントの使い道・貯め方」も参照)。

育てる機能の概要

「エージェント」を育てるやり方とその効果について簡単に紹介します。

「エージェント」の育て方

「エージェント」の育て方
(出所:マイメイト取引画面)

マイメイトTOP画面から、オリジナル「エージェント」の設定アイコン(オレンジ色の工具のようなボタン)を押すと、「育成する」という項目があるのでそれを選択すれば、上の「育てる」画面へ移行します。

ここでは直近の売買シグナルが表示されており、各判断に対し、「褒める」または「叱る」ことが可能です(売買シグナルをクリックすると、グッドやバッドの絵文字が左に表示)。

過去160日間の「エージェント」決済履歴に対して、「これはいいね!」「こういうのはダメ!」と伝えることができます。「エージェント」はその評価に応じて、再学習をします。

「褒める」や「叱る」とどうなる?

「エージェント」を「褒める」もしくは「叱る」ことで、「エージェント」の売買判断に影響を与えるわけですが、「褒める」際にどのくらい強く褒めるべきか、「叱る」際にどのくらい強く叱るべきか、は丁寧な分析に基づいて決定しています。

「たった1回の『いいね』『ダメだね』という評価で、『エージェント』が長期にわたって積み上げた学習結果を簡単に壊さない」ことを強く意識しました。

ただし、「ユーザーの『いいね』『ダメだね』という評価は『エージェント』の行動に確実且つ少しずつ影響を与え、それが個性となって表れる」こととなります。

無理して評価しなくていい

どのトレードを褒めればいいのか・叱ればいいのかの方針が定まっていない人は、無理に教育せずに「エージェント」の自主学習に任せてしまうことも選択肢の1つです。

一貫性なく褒めたり叱ったりするくらいなら、放置した方が良いでしょう。

教育方針のある人は育成すべき

既に自分の好みのトレードがハッキリとある人は、ぜひ育成をしてください。

例えば100pips以上の利益確定をした取引は褒めて、60pip以上の損を出した時には叱るなど損小利大を推進する方針などもあるでしょう。

「エージェント」は必ず行動変容します。長期にわたってコツコツと「いいね」「ダメだね」の一貫したフィードバックを与え続けることが大事です。

1回の「いいね」「ダメだね」が「エージェント」を壊してしまうことがないようにデザインしてますので、恐れず週に1回程度は「エージェント」のトレードを振り返り、評価してあげて下さい。

最後に

一般的な自動売買サービスは、多くが固定的なロジックであるが故に、長期間にわたって様々な環境に適応できるものはかなり少ないです。

マイメイトは自動売買サービスが抱えるこの課題を「継続学習」の機能で克服しようとしています。

そして「育てる」によって、ユーザーの経験を取り入れさせ、より賢くユニークなものにしていきます。先端の技術を活用するマイメイトだからこそ実現できる機能といえるでしょう。

1万を超える強化学習型トレードAIが毎週継続学習を行う、というプラットフォームは類を見ないと思います。今後どのようになっていくのかは私たちも非常に興味深いです。

こんな記事も読まれています

マイメイト運営

MAiMATEの公式ブログを運営しています。マイメイトに関するニュースやお知らせなど全般について情報発信をします。

Mai mate

トレーディングは楽しい!でも時に孤独。
今損切りすべきか、はたまた待つべきか。
不安を解消してくれる信頼できるパートナーがいれば…
そんなあなたと一緒に戦うあなただけのAIパートナー。それがMAiMateです。

PAGE TOP マイメイトをひらく