AIエージェント作成時の設定ごとの成績を確認、2019年総まとめ!|MAiMATE通信

皆さん、こんにちは。
本記事が、2019年最後の私からの記事となります。そこで、今までずっと「やります」と言っておきながら出来ていなかった、『AIエージェント作成時の設定ごとの成績』を共有させて頂きます。なお、以降のデータ分析が対象としているシグナルは以下の通りとなります。

  • 期間:MAiMATEサービス稼働開始以降* ~ 20191224日(火)まで
  • 対象シグナル:AIエージェント誕生後の配信シグナル(AIエージェント作成時の学習結果は含まない)
  • 総決済シグナル数:44,744シグナル!!

*先行リリース分を含めているため、最も早いシグナル配信日は2019年6月28日(金)となっています。

通貨ペア別の成績

平均利益(pips) 平均損失(pips) 平均損益(pips) 勝率
ドル円(USD/JPY) +50 -32 +11 53%
ポンドドル(GBP/USD) +94 -80 +18 57%
ユーロドル(EUR/USD) +48 -40 +3 49%
(インヴァスト証券作成)

上記表より、全ての通貨ペアで損小利大(平均利益が平均損失よりも大きい)が実現できており、最終的にプラス収益となっていることが確認できます。ユーロドルの勝率は50%を下回っていますが、損益そのものはプラスとなっています。よって、『この通貨ペアは勝ちにくい』というようなものは特に無く、安心して『自分の好きな通貨ペアを選択頂ければ良い』ことが確認できます。

 

テクニカル指標別の成績

  • 移動平均:ある一定期間の価格を平均化したもので、主に価格の方向性(トレンド)をみる指標。
  • ボリンジャーバンド:移動平均線を中心に一定期間の価格の標準偏差を利用したバンドラインを描画したもの。トレンドとボラティリティ(価格変動の大きさ)を把握すると、共に売られ過ぎや買われ過ぎの判断も可能な指標。
  • RSI:相場の過熱感(「買われすぎ」や「売られすぎ」の状況)を教えてくれる指標。
平均利益(pips) 平均損失(pips) 平均損益(pips) 勝率
移動平均 +56 -38 +10 52%
ボリンジャーバンド +55 -38 +11 53%
RSI +50 -42 +7 53%
(インヴァスト証券作成)

上記表より、全てのテクニカル指標で損小利大(平均利益が平均損失よりも大きい)が実現できており、最終的にプラス収益となっていることが確認できます。よって、『このテクニカルは勝ちにくい』というようなものは特に無く、安心して『自分の好きなテクニカル指標を選択頂ければ良い』ことが確認できます。

 

ニュース情報種類別の成績

  • マーケット状況:売られすぎ買われすぎなど現在の市況に関係した情報。
  • マーケットアナリストの相場予測:アナリストによる相場見込みは買い売りどちらが優勢なのか等で構成。
  • ネット上の感情的表現:ネット上の阿鼻叫喚含む感情的表現を収集。
  • 規制等の外的要因:ニュース頻度は少ないものの、金利や規制等の為替に影響を与える外的要因情報を集約。
平均利益(pips) 平均損失(pips) 平均損益(pips) 勝率
マーケット状況 +54 -38 +10 53%
マーケットアナリストの相場予測 +54 -37 +11 52%
ネット上の感情的表現 +56 -40 +10 52%
規制等の外的要因 +54 -40 +9 52%
(インヴァスト証券作成)

上記表より、全てのニュース情報種類で損小利大(平均利益が平均損失よりも大きい)が実現できており、最終的にプラス収益となっていることが確認できます。よって、『このニュース情報は勝ちにくい』というようなものは特に無く、安心して『自分の好きなニュース情報を選択頂ければ良い』ことが確認できます。

 

教育方針別の成績

平均利益(pips) 平均損失(pips) 平均損益(pips) 勝率
リスク回避 +53 -37 +10 52%
リターン重視 +57 -40 +11 52%
バランス +53 -38 +9 52%
(インヴァスト証券作成)

上記表より、全ての教育方針で損小利大(平均利益が平均損失よりも大きい)が実現できており、最終的にプラス収益となっていることが確認できます。リスク回避の平均損失は他と比較して抑えめ、リターン重視の平均利益は他と比べて強めであり、教育方針は微小ながらも結果に想定通りの影響を与えていることが確認できます。

 

総括

AIエージェントは、それぞれが与えられた情報の中で良いトレーディング手法を確立するべく努力しており、『どの情報を選んでも、AIエージェントに任せておけば大丈夫』と考えられる状況が確認出来ました。私の方では定期的に色々な側面からのサービスチェックを行っており、今回ご紹介した情報もその中の一つです。不定期にはなろうと思いますが、今後も皆さんに同様の情報提供を継続して行きたいと考えています。

記事は以上となります。

MAiMATEにとって来年2020年は、2019年以上にエキサイティングな1年となるのではないかと思っています。私自身は年末年始に体を休め、新年からまたしっかり稼働できるように努めたいと考えています。この記事を読んで下さっている皆様、良い新年をお迎えください。来年も引き続き、よろしくお願いいたします。

無料ではじめる「マイメイト」

マイメイトの登録はメールアドレスさえあればできます。
AIの作成にはインヴァスト証券の口座IDが必要です。

2020年夏頃には実取引化を予定しています!

今から自分だけの頼りになるAIを育てませんか?