マイメイト実取引化の経過報告 ~スペックが大体決まりました~

こんにちは。編集部鮫男です。

本記事では、マイメイトの実取引化のリリースで発表できなかった一部スペック面についてのアップデート情報をご紹介したいと思います。

売買手数料は無料

マイメイトは取引手数料が無料です。マイメイトのスプレッドについて触れる前に、FXの取引コストについて簡単にご説明します。FXは、株式などとは異なり売買手数料無料が一般的です。その仕組みを説明します。知っている方は読み飛ばしてください。

右側の価格「買」が「投資家が買うことができる価格」で、左側の価格「売」が「投資家が売ることができる価格」になります。この2つの価格の差をスプレッドといいます(0.3の部分)。当社をはじめとしたFXの取引業者(ブローカー)には仕入れコストのようなものがありますのでスプレッドがまるごとブローカーの収益になるわけではありませんが、基本的には提示しているレートと仕入れレートとの差額がFXブローカーの収益となります。
FXでは、取引コストにスプレッドが内包されているので、別途手数料を徴収しないのが一般的です。そのため取引手数料無料が一般的ということになります。お客様にとっては、スプレッドが狭いほどコストが小さくなり有利となります。

※ マイメイトは投資助言報酬が必要になります。

マイメイトのスプレッドは全通貨一律のマークアップ

マイメイトで配信する価格は、銀行などからの提供される価格から生成したベースレートに対して全通貨ペア一律のマークアップを上乗せして配信させていただきます。具体的なマークアップ値はまだ最終決定しておりませんが、片道1~1.5pips間を想定しています。
例えば、米ドル円のベースレートのスプレッドが0.3pipsで、マークアップを仮に片道1.3pipsと設定した場合、お客様が取引するスプレッドは2.9pips(スプレッド0.3pips+新規・決済のマークアップ1.3pips×2)となります。
なお、スプレッドは固定スプレッドではないので変動します。

マイメイトのAIは短期売買ではないゆったりとした取引が多く、比較的利確幅も大きめだと感じています。そのため、スプレッドはほとんどのAIエージェントの成績に大きな影響はないと考えております。エージェントの売買判断に影響を与えないように細心の注意を払った設定を致します。

マークアップとは、スプレッドに上乗せする価格のことです。

AIの仮想トレードに使用する価格も変更

現在、マイメイトのAIが仮想トレードで使用している価格はインヴァスト証券「トライオートFX」のレートですが、今後は、マイメイトのレートへと変更していく予定ですのでご安心ください。

マークアップゼロモードがある!

マイメイトで利用できる独自のポイントプログラム「マイメイトポイント制度」を利用することで、このマークアップが一定期間ゼロになるモードも選択できるようになる予定です。つまりマークアップ分だけ取引の都度、得をすることになります。詳しくは次にご紹介します。

これは画期的な試みですね

マイメイトポイントとは?

マイメイトポイントプログラムは、マイメイトの取引に使える制度です。

自分のAIエージェントが他のユーザーからフォローされるとポイントを獲得することができます。 その他にも取引やログイン、教育などのアクションをすることでも獲得することができます。 獲得したポイントを利用して3か月間スプレッドが縮小するマークアップゼロモードや追加AIの作成などができます。

フォロワーボーナス!上位を目指せ!

このプログラムで特徴的なのはポイント獲得方法に「フォロワーボーナス」があることです。これは自分のAIエージェントがたくさんの人に選ばれて稼働されているともらえるポイントです。350人が自分のエージェントをフォローしている場合、月間3,500ポイントを獲得することができます。AIを追加して2体目も300人のユーザーがフォローしている場合には月間で合計6,500ポイントも獲得できます。マイメイトでは品質を担保するためにAIエージェント一体当たりの稼働人数に500人の制限を設けています。

再作成にはポイントが必要に

今はAIエージェントを何回でも作り直すことができる仕様ですが、新バージョンにおいて再作成するにはポイントを必要とします。実はエージェントの新規作成には膨大な処理負荷がかかります。そのため再作成を無料で提供し続けることは難しいためです。

オーナーが再作成や退会してもAIエージェントは稼働できます

実取引化において、稼働しているAIエージェントが削除されてしまっては困ります。AIエージェントを作ったオーナーがエージェントを再作成をしたり退会したからといってエージェントが消えることはありません。AIエージェントの持ち主は運営側に移りオーナーがいなくなった後も稼働を継続します。ただし、その後、運営側によってエージェントが教育されることはありませんので、エージェントは自力の継続学習のみを行うことになります。

AIエージェントは複数育てられる

ポイントを支払うことで2体目以降のエージェント作成することができます。現在のところ上限はありません。複数のエージェントを育ていることで、より多くのフォロワーボーナスを獲得することができるかもしれません。もちろん、AIエージェントのシグナルメールも受信することができます。

新モードではAIを複数育てることができるようですね。うまく使えば取引を有利にすすめることができるかもしれませんね。

通貨ペア18種決定!

マイメイトで取引できる通貨ペアをご紹介します。下記の18通貨ペアです。

新キャラ

新キャラクターは全部で9体です。実取引開始に先立ち、この新キャラは追加されました!

どのキャラクターが生まれるかは生まれてからのお楽しみです。

新テクニカル指標

今回AIに学習させるテクニカル指標を3つ追加します。

こちらのテクニカル指標は、実取引開始前に一足早く追加され、全6種類から選択可能になっております。

  • ストキャスティクス
  • エンベロープ
  • MACD

初期のテクニカル指標はトレンド系の指標が多かったので、この度オシレーター系を追加します。これによってレンジ相場や値動きの小さい相場を得意とするAIが登場するかもしれません。

自動売買のプログラムではよく使われるテクニカル指標ですね。

最低取引数量は5,000通貨

マイメイトの最低取引数量は5,000通貨です。※南アフリカランド円やメキシコペソ円などの一部通貨ペアは異なります。

ドル円の1万通貨あたりの必要証拠金が大体4万円とすると、AIエージェントを一体を稼働させるのに必要な証拠金は最低約2万円ほどになります。

最低約30万円くらいから運用可能

マイメイトの運用は 、最低4、5個以上の複数のエージェントを同時に稼働させることを推奨します。最低必要な証拠金は1つのエージェントを5,000通貨で運用するとして10万円程度(1体あたりの証拠金2万円×5体)。これはレバレッジ最大25倍で計算した際の必要証拠金額です。実際に運用する場合には、ロスカットなどを考慮して余剰資金を追加しておきましょう。余剰資金を含めた入金額は必要証拠金の3倍程度と考え、マイメイトは約30万から運用できる設計としております。複数のエージェントでのポートフォリオの組み方や具体的な運用方法についてはまた別のブログでご紹介します。

なお、最低取引数量は5,000通貨となりますが、5,000通貨以上は1,000通貨刻みで数量を変更することができます。

※南アフリカランド円などの一部通貨ペアは異なります。
※上記金額は目安であり、ロスカットが発生しない金額ではありません。

スタート時は1万円など少額からスタートできるようにはしてません。

実取引化っていつ?

実取引化はいつですか?とのお問い合わせも増えてくる時期かと思います。申し訳ありません。まだ具体的な日程は発表できませんがなるべく早くお届けできるよう一同懸命に開発中です。

ただ、事前の口座開設予約や一部機能の追加を前倒しで行おうと考えております。こちらは7月末頃を予定しておりますので少々お待ちください。

最後に

以上が実取引化に向けて更新のあった情報です。

さらなる追加の情報があった際にはまた記事にして皆さんと共有していきたいと思います。また、ツイッター等での情報やお問い合わせは開発の参考にもさせて頂いております。今後とも感想、アドバイスお待ちしております。

最後までお読み頂きありがとうございました!

要望・アドバイス・質問はツイッターからぜひ!

無料ではじめる「マイメイト」

マイメイトの登録はメールアドレスさえあればできます。
AIの作成にはインヴァスト証券の口座IDが必要です。

今後、実取引化の開始を予定しています!

今から自分だけの頼りになるAIを育てませんか?