キャラクター
マイメイト 基本の運用方針

マイメイト 基本の運用方針

2022年8月2日

マイメイトの実取引がスタートしてから、マイメイト運営チームでも様々な運用方法を試してきました。

本記事ではこれまでの検証データやデータサイエンスチームのデータも参考に、「マイメイトの基本運用方針」をまとめています。「運用で大切な3つのポイント」と「バランスメーター」をもとに、運用をはじめるようにしましょう。

マイメイト 運用で大切な3つのポイント

マイメイトを運用する上では下記3つを守ることがポイントです。

通貨ペアは「銘柄」。最初は通貨ペアに着目

マイメイトの様々な運用成績データの検証から、「通貨ペア選び」が収益に大きく影響することが分かりました。

株や投資信託の「銘柄選び」のように、マイメイトの運用でも「通貨ペア選び」は大切です。「どの『エージェント』を選ぶか」よりも「まずはどの通貨ペアの『エージェント』を選ぶか」に注力しましょう(通貨ペア選びは後述のバランスメーターを活用)。

「エージェント」は5種類以上の通貨ペアから選ぶ

どの通貨ペアで「エージェント」を取引させるかを決める際、その通貨ペアは5種類以上選ぶようにしてください。

1種類の通貨ペアで運用するケースに比べ、5種類以上の通貨ペアから「エージェント」を選び、分散してトレードさせた方が、リスク・リターンの観点から良い、という検証結果が出ました

例えば上昇トレンドが顕著な米ドル/円の「エージェント」だけ稼働させる、という運用方法だと、マイメイトの実力を存分に発揮できません。マイメイトのデータサイエンスチームの検証では、「エージェント」の通貨ペアを1~2種類程度で運用するケースに比べ、5種類以上分散させて運用する方がリターンとリスクの振れ幅は小さくなることが分かりました

「通貨ペアを1種類で運用した場合」と「複数の通貨ペアで運用した場合」の損益の振れ幅の検証。
運用する通貨ペアの種類が多くなるにつれ、損益振れ幅は小さくなる結果に
(図:インヴァスト証券作成)

入れ替え目安は2~3か月スパン

マイメイトの基本運用期間は2~3か月スパンを目安に考えます。

「3連敗した『エージェント』がいる」「ここ1~2週間、成績が落ち込んだ『エージェント』がいる」という理由でマイメイトの運用を止める、または「エージェント」を頻繁に変えるといったことはしないようにしましょう。それではマイメイト本来の実力を実感できない可能性があります。

2~3か月を目安に通貨ペアを見直し、その間利益が生まれたり、損を出したりを繰り返しながら、最終的にプラス収益を目指します。

通貨ペアの動向については月間レポートも参考にしてください。

資金・リスク管理/通貨ペア選びに役立つ! バランスメーターの使い方

(画像は取引画面より)

マイメイトには「バランスメーター」という機能があり、取引画面や「エージェント」選択画面などで表示されます。マイメイトの運用において最も重要な「分散」を手助けしてくれるので、必ず活用しましょう。

資金効率 は「とても良い」、分散投資度は「星3つ以上」を目安に

(画像は取引画面より)

バランスメーターに表示されている「資金効率」は運用資金をうまく使えているかを5段階で評価し、「分散投資度」は通貨ペアをしっかり分散できているかを5つ星で評価します。

資金効率は「とても良い」、分散投資度は「3つ星以上」を目指しましょう(運用資金をいくら用意するかについては後述の「資金効率についてアドバイス」も参照)。

運用アドバイスでどの通貨ペアに注目すればいいかサポート

(画像は取引画面より)

「運用アドバイス」というボタンを押すと、現在の資金状況、分散状況をもとに、「こうした方が運用方法は良くなりますよ」というアクションを提案します。

アドバイスの詳細については以下でそれぞれ見ていきましょう。

通貨ペア選びをサポート

(画像は取引画面より)

ひとつは、通貨ペア選びについてアドバイスをしてくれます。現状の通貨ペア分散度合いを考慮して、「どんな通貨ペアを選べばいいか」を提案します。

自分でどの通貨ペアを選べばいいのか分からないという人はこちらを活用してください。

※ここで提案されるのは、年間の平均総合損益(実現損益+評価損益)TOP100の「エージェント」から、成績上位8個の通貨ペアをもとに選出

資金効率についてアドバイス

(画像は取引画面より)

ふたつ目は、資金効率のアドバイス。資金の使い方が“勿体ない”ようであれば「エージェント」の稼働数や取引数量の調整などを勧めてくれます。運用資金が少なければ、入金を勧めるケースもあります。

また、「マイメイトの運用資金」は最低30万円を目安にはじめることはできますが、それではギリギリの運用になる可能性があります。損が連続し一時的に収益が落ち込んでしまうケースなども考慮すると心許ないといえるでしょう(次の「運用資金とリスクの考え方」も参考に)。

運用資金とリスクの考え方

マイメイトの運用では、資金を増やし「エージェント」の稼働数を多くするほど、運用の損益曲線はなだらかになる傾向があります。

逆に少ない資金で「エージェント」の稼働数もわずかであれば、リスク・リターンの振れ幅が大きくなるため、「短期的に損益が下振れたとき、運用を続けられなくなる」というケースも多くなります

「FXは少ない元手資金ではじめられる」というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、マイメイトの運用ではその点が大きく異なるため注意してください。

なだらかな損益曲線は「マイメイト通貨ペア5分散指数」が参考になるでしょう。マイメイト通貨ペア5分散指数は、各通貨ペアあたりの「エージェント」を100体で算出したものです。そこまで「エージェント」稼働数を多くする必要がありませんが、損益曲線が大きく上振れたり、下振れたりするリスクを抑えようとするなら、資金を増やし「エージェント」稼働数を多くすることを心掛けましょう(指数の算出方法などについてはこちら。最新の指数データについては、マイメイトTOPページに掲載)。

(2019年8月5日~2022年4月29日のデータ インヴァスト証券作成)

マイメイト 通貨ペア選びのやり方

通貨ペア選びは、バランスメーターの「運用アドバイス」を活用できますが、自分で通貨ペアを選ぶ場合にはどんなポイントに着目すればいいのか、簡単に紹介します。

通貨ペア選びの基準は「トレンド/値動き」

通貨ペア選びの基準は、通貨ペアのトレンド/値動きです。

マイメイトの「エージェント」が得意とする相場環境は、通貨ペアにトレンド/活発な値動きがあるときです。逆に「エージェント」が不得意な相場環境は、通貨ペアにトレンドがなく、値動きも小さくなったときで、そうした通貨ペアを取引すると利益を上げることが難しくなります。

通貨ペア選びは「エージェント」ランキングを参考に

右上のボタンで表示形式を変えると、「エージェント」の通貨ペアも見やすい
(ランキング画面は2022年7月21日時点)

通貨ペアから「エージェント」を選ぶシンプルな方法として、利益を出している「エージェント」がどんな通貨ペアを取引しているのかに注目します。

まず「エージェント」ランキングで期間を「過去180日間(約6か月)」または「過去90日間(約3か月)」に設定し、ランキングの上からどんな通貨ペアを取引する「エージェント」がランクインしているのかをチェックしましょう。

例えば、上のランキング画面ではEUR/JPY(ユーロ/円)の「エージェント」が多いので、ユーロ/円を取引する「エージェント」から選ぶ、ということを検討できます。

ランキング上位の「エージェント」の中から、多くランクインしている通貨ペアをチェックし、それら通貨ペアの中から「エージェント」を選んでいくというイメージです

通貨ペアを入れ替える目安

通貨ペアに上昇もしくは下落トレンドが生まれず、値動きに元気がなくなってきたら、通貨ペアの入れ替えどきの可能性があります。「マイメイト 運用で大切な3つのポイント」で紹介したように、2~3か月を目安に通貨ペアの入れ替えは検討しましょう。

通貨ペアの入れ替えを判断する上で1点注意があります。

通貨ペアにトレンドは現れており、値動きが活発にもかかわらず、その通貨ペアを取引する「エージェント」の成績が落ち込んでいるとき、「通貨ペアの入れ替え時?」と考えるかもしれませんが、それは一時的に調子を落としているだけという可能性もあります。

2~3か月という中長期のスパンで見ればプラスの収益になることが考えられるため、1~2週間、1か月などの短期間で通貨ペアやその「エージェント」を入れ替えるのは控えた方が良いケースもあるので注意しましょう。

こうした通貨ペアの動向については月間レポートも参考にしてください。

最後に

ここで紹介したマイメイトの運用方針は基本的なことですが、とても大切です。その他のFX自動売買サービスとは異なる側面もあると思いますが、まずはこの運用方針をしっかり守るようにしてください。

自己流のマイメイト運用方法に挑戦する場合は、基本方針を守った上でトライしましょう。

こんな記事も読まれています

マイメイト運営

MAiMATEの公式ブログを運営しています。マイメイトに関するニュースやお知らせなど全般について情報発信をします。

Mai mate

トレーディングは楽しい!でも時に孤独。
今損切りすべきか、はたまた待つべきか。
不安を解消してくれる信頼できるパートナーがいれば…
そんなあなたと一緒に戦うあなただけのAIパートナー。それがMAiMateです。

PAGE TOP マイメイトをひらく